home > ももたろうについて > スタッフルーム

スタッフルーム

院長

小森 栄作:こもり えいさく
医学博士

【略歴】

1985年
岡山大安寺高校卒
1991年
島根医科大学卒
岡山大学医学部 第二外科から関連病院を歴任
香川県立中央病院・島根県公立雲南総合病院・高知県国保嶺北中央病院
1996年
岡山大学医学部附属病院 第二外科医員・研究生
2000年
米国ミシガン大学医学部 ECMO研究室 研究員(呼吸不全治療の研究)
2002年
岡山大学医学部附属病院 腫瘍・胸部外科
2003年
国立病院機構 四国がんセンター 呼吸器外科(松山市・肺癌治療専門)
2009年
(医)ゆうの森 たんぽぽクリニック(松山市・在宅医療専門)
2010年
ももたろう往診クリニック 開設

常勤医師

原田 幸枝:はらだ さちえ


【略歴】

1995年 島根医科大学医学部 卒業
4月よりお世話になっております原田と申します。これまで内科医として主に病院で勤務しておりましたが、今後は在宅医療の分野で地域医療に取り組んでいきたいと考えております。皆さんよろしくお願い致します。

常勤医師

亀山 耕太郎:かめやま こうたろう


日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医
がん治療認定医
【略歴】

1996年 香川医科大学大学院 卒業
1996年 香川大学医学部附属病院
2004年 倉敷中央病院
私はこれまで呼吸器外科医として急性期病院に勤務して参りましたが、在宅への復帰が困難な患者様もたくさん経験いたしました。クリニックでは在宅医療を通して、地域の皆様に貢献できればと存じます。頑張りますのでよろしくお願いいたします。
写真:亀山 耕太郎:かめやま こうたろう

非常勤医師

栗原 武幸:くりはら たけゆき

【略歴】

1997年 川崎医科大学医学部 卒業
専門は呼吸器疾患です。インフルエンザ感染症や睡眠時無呼吸症候群も得意としています。長引く咳や痰、就寝中のいびきなど気になることがあればご相談下さい。
写真:栗原 武幸:くりはら たけゆき

非常勤医師

入江 真大:いりえ まさひろ


日本外科学会専門医
【略歴】

2008年 岡山大学医学部 卒業
2008年 岡山医療センター
2010年 倉敷中央病院
2013年 岡山大学病院
2014年 国立療養所長島愛生園
2016年 倉敷北病院
主に呼吸器外科を学んできました。現在は倉敷北病院で高齢者医療全般を担当しています。地元の岡山市北区大元から地域に根差した在宅医療を提供できるよう努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
写真:入江 真大:いりえ まさひろ

非常勤医師

突沖 貴宏:つきおき たかひろ

【略歴】

2009年 鳥取大学医学部 卒業
2009年 福山市民病院
2016年 岡山大学病院
尾道出身で現在は岡山大学病院に勤務しております。訪問診療には以前より興味がありましたので微力ながら頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。
写真:突沖 貴宏:つきおき たかひろ

非常勤医師

山本 治慎:やまもと はるちか


日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
【略歴】

2011年 岡山大学医学部 卒業
2011年 岡山大学病院
2012年 岡山医療センター
2016年 岡山大学病院
平素は岡山大学病院呼吸器外科に所属しております。訪問診療の経験は浅いですが、これまでの経験を踏まえつつ、医療チームの一員として地域の皆様のお手伝いが出来ますよう頑張って参ります。よろしくお願いいたします。
写真:山本 治慎:やまもと はるちか

非常勤医師(眼科)

平 由起:たいら ゆき


日本眼科学会専門医
【略歴】

1994年 山口大学医学部 卒業
1994年 岡山大学病院
1996年 国立岡山病院
1998年 岡山済生会総合病院
2000年 医療法人平病院
2016年 ももたろう往診クリニック
眼科は診察や検査に多くの機器が必要な科です。 その意味において眼科訪問診療でできることは外来診療に比べ限定されてしまいますが、自分や家族が訪問診療を受ける立場になったつもりで、精一杯力を尽くします。
写真:小林 豊:こばやし ゆたか

看護スタッフ

在宅は病院ではみれないような表情や生活が見えてきます。時には医療従事者と患者というよりも人と人とで接している自分がいます。訪問時の何気ない会話の中で、患者様の本当のお気持ちを聞かせていただけた時には少し近づけたような気がします。そこからどうご支援させていただくかが私たちの今後の課題の「1つ」だと思います。“住み慣れた我が家で いつまでも 自分らしく 暮らしていきたい”そんな思いの方々を、私たち看護師が一体となりお手伝いさせていただきます。
写真:看護スタッフ

事務ディレクター

甲斐 君敏:かい きみとし
私は当院が診療にかかる前の事前説明を担当しております。最初は色々な事が 不安だと思います。患者様やご家族の思いやお困りごとをお聞かせ頂き、安心して 訪問診療を受けることができるように努力いたします。

在宅医療の必要性は今後ますます高くなり、注目もされています。
在宅療養支援診療所として在宅療養を希望される患者様やご家族の思いに 寄り添いながら支えていけるよう精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。
写真:甲斐 君敏:かい きみとし

事務スタッフ

訪問診療専門のため通常の病院とは異なり、患者様と直接お会いし接する機会はありませんが、診療記録を通して実際にお会いし接しているように身近に感じています。高齢化の社会の中で在宅医療の必要性は今後さらに増えていく為、日々勉強しながら患者様のためにクリニックを支援していこうと日々努めています。