1. home
  2. ももたろうについて

ももたろうについて

開院への想い

岡山市内の在宅で療養する患者さんへ医療サービスを提供すべく、ももたろう往診クリニックを2010年4月に開設しました。

たとえ治らない病気や障害が1つや2つあったとしても、自宅に良い医療環境を提供できたなら、病と共存する形で良い状態を保ちながら在宅療養が可能なはずです。

検査や治療を中心とした「治す医療」はこれまで通り必要ですが、それだけでは在宅での療養生活を安心して過ごすことは難しいことが多いのです。

ももたろう往診クリニックでは、在宅での療養生活を「支える医療」を実践しています。

ももたろうのビジョン

当院での診療は定期的な訪問診療が基本ですが、定期診療を行っている患者さんには発熱やカテーテル管理上の問題や思いがけない外傷など、様々なトラブルが起こってくることがあります。 えてしてそういう問題は夜間や休日に生じることも多いのです。

医療者から見ればたいした問題でなくても、患者さんや家族にとっては不安がだんだん募り、救急車を呼ぼうか、誰に相談したらよいのか、と考えあぐねて途方に暮れることになります。

従って在宅療養には24時間の対応は必須だと考えています。

一方で、在宅医療に携わる医師のQuality of My Lifeの問題もあります。病院の外来や病棟業務に加え救急外来での当直診療をこなし、燃え尽きそうになる医師の問題もクローズアップされて久しくなりますが、24時間の対応をする限り在宅医療でも同様の問題に直面します。24時間切れ目ないサービスを提供するためには、複数名の医師による交代制での夜間休日のカバーが必要です。

医師の人数が増えるほどに1人の医師の負担は軽減されます。在宅医療に興味を持つできるだけ多くの医師の方に、外来でも入院でもない、新しい"在宅医療"というジャンルに飛び込んでいただきたいと思います。

これからの高齢化社会の到来に備えて、岡山市においてもしっかりした在宅医療の受け皿を作っておく必要があると考えます。当院がその社会インフラのひとつとして、より多くの患者さん・御家族に喜んでいただけるようにしたいものです

理念

私たちは看護・介護・保健福祉スタッフと協力しながら 医療・看護面からの援助を提供し、通院困難な患者さんが望みの療養環境で安心して過ごせることを目指します。

エントリーフォーム