1. home
  2. 仕事紹介
  3. 仕事の特徴と方針

仕事の特徴と方針

在宅医療に特化

外来診療を行っていると待合室にいる外来患者さんを待たせたまま診察時間中に往診に出かけることは難しい・対応に困る、という言葉は、近隣の開業医の先生からよく聞かれます。自宅で療養されている皆様の急な容態の変化に対応して必要なときにはすぐに往診に出かけられるようにするために、当院ではあえて外来診療を行っていません。

朝から訪問診療に出かけてゆきます。外来通院が困難な方の自宅や施設へ定期的に訪問して診療を行い、かかりつけ医として日頃からの健康管理を行います。

宅療養中で病院の専門外来へ数ヶ月ごとに通院されているような場合でも、病院の主治医や専門医と連携して訪問診療を行います。従って、日頃は自分の専門性を生かしつつ かかりつけ医としての診療を行い、患者さんにとって必要なときには病院の専門外来や入院・介護施設への連絡連携をとって対応します。

攻めの在宅医療

定期的に訪問診療を行っている かかりつけ患者さんには夜間休日も対応を行います。また何かあってから対応するだけの受け身の対応でなく、日頃からの健康管理で病状を把握しておき何か問題が起こりそうな場合には早めに手を打っておく「攻めの在宅医療」を心がけています。昼間のうちに訪問しておくことで夜間診療を減らす努力をしています。

岡山市の在宅医療の"砦"を目指して

癌末期の方、多くの医療機器や医療処置が必要な方など これまで在宅療養は無理と考えられていたような重症度の高い方にこそ、「住み慣れた自宅での療養」という選択肢があるべきと考えます。重症度の高い患者さんや困難なケースでも組織として対応できるような、岡山市内での在宅医療の「砦」となることを目指しています。

連携重視

他の医療機関・訪問看護ステーションをはじめ、ケアマネジャー・薬局・介護・福祉など在宅療養にかかわる他職種スタッフとの連携を重視しています。 一時的な病状の悪化により入院治療が必要となったり検査のために病院へ行く必要のある場合に、患者さんや家族が病院をあちこち探して困ることのないよう手配を行います。

在宅での療養は決して医療面からのサポートだけで支えきれるものではありません。介護保険サービスをはじめとする多職種のスタッフの連携によって療養環境・介護体制が整えられてこそ、御家族の負担が軽減されて長続きすることが可能となります。

施設での在宅医療

今後の高齢化社会においては、施設での在宅医療も重要になってくると考えられます。
有料老人ホーム・ケアハウス・グループホーム等、居住系施設への訪問診療にも対応しています。

エントリーフォーム